2007年03月14日

(6)血の味 沢木耕太郎(2000)




「中学三年の冬、私は人を殺した」

早熟な主人公と、銭湯で会うオカマと、学校と、父親と
中学三年、人殺しをした主人公の日々の生活。
妄想。思い出。殺人にいたるまでの経緯。
どうして人をl殺すことになったのか、誰を殺したのか、
なまなましい記憶とともに振り返る青い春。

井原というクラスメートが卑怯。


同じカテゴリー(小説 長編)の記事画像
(9)博士の愛した数式 小川洋子(2003)
(4)涙そうそう 吉田紀子/吉田雄生(2006)
(2)ミラクル 辻仁成
同じカテゴリー(小説 長編)の記事
 (9)博士の愛した数式 小川洋子(2003) (2007-08-18 23:00)
 (4)涙そうそう 吉田紀子/吉田雄生(2006) (2007-02-11 11:13)
 (2)ミラクル 辻仁成 (2007-01-15 01:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
(6)血の味 沢木耕太郎(2000)
    コメント(0)