2007年02月11日

(4)涙そうそう 吉田紀子/吉田雄生(2006)



100円ではないですが、後輩から拝借して。

「泣いても、泣いても ―
溢れ出す、君への想い。」


母親の再婚相手にくっついてきた小さな女の子カオル。
「今日からあなたの妹になるのよ」といわれてもピンとこない。
妹の父親はどこかへ行ってしまうし、母親は病気で死んでしまう。
妹を守るのは自分、育てるのは自分、愛情をそそぐ。
洋太郎は自分の夢のため、妹のために働き詰め、
ついに妹は、洋太郎のいる本土の高校へ進学、
ふたり暮らし、そして念願の夢をはたすが、、、

妹がほしい、と考えるのは妹がいない男子なら想うもの。
ツラい状況も「なんくるないさ~」と笑ってのりきる明るさに
洋太郎のカオルへの無償の愛情、ひたむきに働く姿に
洋太郎目線でやさしい気持ちになりながら読めました。


同じカテゴリー(小説 長編)の記事画像
(9)博士の愛した数式 小川洋子(2003)
(6)血の味 沢木耕太郎(2000)
(2)ミラクル 辻仁成
同じカテゴリー(小説 長編)の記事
 (9)博士の愛した数式 小川洋子(2003) (2007-08-18 23:00)
 (6)血の味 沢木耕太郎(2000) (2007-03-14 22:49)
 (2)ミラクル 辻仁成 (2007-01-15 01:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
(4)涙そうそう 吉田紀子/吉田雄生(2006)
    コメント(0)