2007年05月06日

Switches

スウィッチズ
Heart Tuned To D.E.A.D(2007)

時間つぶしにはいったCD店で試聴。買いたい。

Tレックスの「電気の武者」を聴いて、初めての曲「It’s My Shadow So Leave It Alone」を作ったといわれるVo/Gのマット・ビショップが率いるバンド。同年代の子供たちが学校で読み書き算盤を習っている間、ロックのイロハといわれる3大Bアーティスト、ボウイ、ボランにブラーを学んでいたと嘘みたいな話。大学在学中にインターネットを通じて3人のメンバーを集めスウィッチズを結成。しばらく英国南部をツアーして回っていた彼らは、やがてアトランティック・レコーズのA&Rに見初められ、めでたくメジャー契約。鬼才、ロイ・シュナップ(ヴァインズ他)プロデュースによる待望のデビュー・アルバム。Arctic Monkeysの例もあるし、小さなころからロック漬けというのはいまや当たり前になりつつあるのか。すこし変態的な風貌といい、プロモのかっこよさといい、気になるわけです。

Matt Bishop(マット・ビショップ):Vo/G
Ollie Thomas(オリー・トーマス):G
Max Tite(マックス・タイト):B
Jimmy G(ジミーG):dr

●ワーナー 試聴可
http://wmg.jp/artist/switches/4943674072200.html


同じカテゴリー(music/イギリス)の記事画像
EL PRESIDENTE
James Blunt
THE bluetones
OASIS
Franz Ferdinand
同じカテゴリー(music/イギリス)の記事
 EL PRESIDENTE (2006-06-25 17:31)
 James Blunt (2006-06-25 17:03)
 THE bluetones (2006-06-25 15:03)
 OASIS (2006-05-13 20:45)
 Franz Ferdinand (2006-05-09 23:55)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Switches
    コメント(0)