2008年06月05日

12人の優しい日本人

中原俊(1991)



もしも、「陪審員制度」が日本にあったら、どうだろう。
「裁判員制度」ってこんな感じでしょうか?

と、かなり前に見逃してから、みたいみたいとおもってました。...オモローッ!
個人的に場所そのまま、メンバーも固定という設定(なんというのか)の映画が好きというのもありますが、十人十色の考え方が交錯し、意見が右往左往、気の強い人、弱い人、人間模様が描かれてて、おもしろいです。

確実に客観的な情報は一切なく、12人の陪審員が発することば、表現から事件の真相を考え、ゆさぶられながら自分はこっちだろうなどと考えていると、ひっくり返されたり。有罪か無罪か、話し合いで削ぎ出される過程も見もの。
 
●出演
塩見三省、相島一之、上田耕一、二瓶鮫一、中村まり子、大河内浩、梶原善、豊川悦司、加藤善博 、林美智子、村松克己、山下容莉枝

●脚本
三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ 



同じカテゴリー(cinema/日本)の記事画像
少年H
空気人形
ディア・ドクター
アヒルと鴨のコインロッカー
ザ・マジックアワー
アフタースクール
同じカテゴリー(cinema/日本)の記事
 少年H (2013-09-01 01:29)
 空気人形 (2009-10-06 00:05)
 ディア・ドクター (2009-06-28 12:47)
 アヒルと鴨のコインロッカー (2009-03-21 11:04)
 ザ・マジックアワー (2009-03-21 10:57)
 アフタースクール (2008-06-22 23:37)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
12人の優しい日本人
    コメント(0)