2006年12月03日

素晴らしき哉、人生!

素晴らしき哉、人生! 

It's a Wonderful Life(1946)


自分の大人度がためされる

アメリカを代表するクリスマス映画といえばこれといわれる映画「素晴らしき哉、人生」。題名だけはよく聞いていましたが、古い映画だし、まぁそのうちとおもっていましたけど、すごくいい映画で素直に感動しました。誰もが年をとるにつれて、世の中は自分の思い通りにならないことばかりと忍耐を強いられたり、つらいばっかりで、あぁこの際消えてしまいたいと絶望的になって考えたりすることもありますよね。大人になるって本当たいへんですね。クリスマスに起きる奇跡が、どれだけ生きていること、存在していることがすばらしいことか教えてくれます。ちなみに、アメリカでは年に一回必ずプライムタイムに放送されるそうで、クリスマスのお約束、国民映画くらいに馴染んでいるそうです。こういう映画があるからこそ、アメリカ人は前向きで、楽しむことが上手なのかもしれませんね。大人かどうかは別として。

監督: フランク・キャプラ 原作: フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン 脚本: フランセス・グッドリッチ アルバート・ハケット 撮影: ジョセフ・ウォーカー ジョセフ・バイロック 音楽: ディミトリ・ティオムキン 出演: ジェームズ・スチュワート ドナ・リード ライオネル・バリモア


同じカテゴリー(cinema/アメリカ)の記事画像
THIS IS IT
アバター
ノーカントリー
300 スリーハンドレッド
リトルミスサンシャイン
アイリスへの手紙
同じカテゴリー(cinema/アメリカ)の記事
 ザ・ウォーカー (2010-06-29 13:25)
 アリスインワンダーランド (2010-04-26 00:47)
 500日のサマー (2010-03-11 08:21)
 THIS IS IT (2010-01-28 00:56)
 アバター (2010-01-16 01:49)
 ノーカントリー (2009-03-17 23:24)

この記事へのトラックバック
1946年 アメリカ 130分 
監督 フランク・キャプラ
脚本 フランク・キャプラ  フランセス・グッドリッチ
   アルバート・ハケット
撮影 ジョゼフ・バイロック  ジョ...
<素晴らしき哉、人生!> 【楽蜻庵別館】at 2006年12月09日 18:09


素晴らしき哉、人生! It's a Wonderful Life
公開: 1946年
(今日の映画) 素晴らしき哉、人生!【Kozmic Blues by TM】at 2006年12月09日 20:01
「素晴らしき哉、人生!」を観た。

心やさしいジョージは故郷の小さな町を飛び出し、世界を舞台に活躍する夢をもっていた。しかし、相次ぐトラブルで町にとどまり、父の会社を継ぎ...
素晴らしき哉、人生!【雑記のーと Ver.2】at 2006年12月10日 00:17

It's a Wonderful Life(1946/アメリカ)
【監督】フランク・キャプラ
【音楽】ディミトリ・ティオムキン
【出演】ジェームズ・スチュアート/ドナ・リード/ライオネル・バリモア

昨年のクリス...
『素晴らしき哉、人生!』(1946/フランク・キャプラ)【愛すべき映画たち】at 2006年12月10日 10:53
たった一度の人生なんだから、自暴自棄になったり、投遣りになったりするなんてもったいないよな…はぁ~そんなことをしても何のプラスにもならないし、そんなんじゃ生きている意味さ...
たった一度の人生なのに…【徒然なるままに…】at 2007年03月29日 23:37
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

アメリカでは国民的映画なんですね。
フランクキャプラの映画は 他にも
『オペラハット』『スミス都を行く』も良いですね。
Posted by もりまさ at 2006年12月09日 02:17
TBありがとうございます。 年に一回必ずプライムタイムに放送されるなんてそれだけこの映画が愛されているということなのですね。 素敵なファンタジーでした。
Posted by みのり(楽蜻庵別館) at 2006年12月09日 18:14
>もりまさサン江
オペラハット、スミス都を行く?
聞いたことないですけど、
みてみますね。
こちらもいつになるかはわかりませんが。
Posted by nagakov at 2006年12月09日 23:33
>みのりサン江
ファンタジーですね。ぼくは大好きです。
Posted by nagakov at 2006年12月09日 23:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
素晴らしき哉、人生!
    コメント(4)