2006年11月24日

サッド・ムービー

Sad Movie (2006)

一緒に行ったのが、小西だからか。

いやいや、涙腺は全開いつでも心の汗を流せる最高の状態だったはず。しかもこの映画は泣けると評判の映画ではないか。

少し考えると、個人的に泣ける映画はギャップのある映画だと思った。笑いのあとに予期せぬ涙。

小西、すまなかった。

でも、仕事のあとの映画はよかったな。今度はおもしろくて泣ける映画を観にいこう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サッド・ムービー
    コメント(0)