2006年09月03日

タイカス

TYCUS(1998)

何でも観ますが、これは。

デニス・ホッパーも出ている隕石パニック映画「タイタス」です。
ビデオ屋で「シンシティ」を借りて、どれどれ観てみようかなと思って、ビリリ。入っているのは、一緒に借りたCDだけではありませんか。
まぁそんなこともある。気を取り直して、Gyaoで映画を観ることに。

映画はしょっぱい隕石が地球におちるCGからはじまる。そしてまったく関係ないミサイル受け渡しに主人公が登場。ストーリーは隕石を意識させながらも、軍事がらみの陰謀を意識させる。従軍カメラマンの主人公は早速つかまり・・・数年後何事もなく雑誌社のデスクについている主人公。ここから主人公の勝手な妄想ひとり相撲がスタート!

隕石が衝突までわずかというこの緊急時に、なぜ米軍が気づかないのか、パターンとして大統領はでないのか、なぜミサイルをとばすのがあんなしょぼい部屋からなのか、また、主人公がそんなに簡単に潜入できるのか。そんなことはおいといて、緊迫感、危機感がつたわらないパニック映画だ。

最後までみてもやっぱりむなしい。
最初の5分で感じる不安は正解

失った時間はもどりません
ぜったいみてはいけませんよ

「シンシティ」を入れ忘れたビデオ屋の店員をうらみます。


同じカテゴリー(cinema/アメリカ)の記事画像
THIS IS IT
アバター
ノーカントリー
300 スリーハンドレッド
リトルミスサンシャイン
アイリスへの手紙
同じカテゴリー(cinema/アメリカ)の記事
 ザ・ウォーカー (2010-06-29 13:25)
 アリスインワンダーランド (2010-04-26 00:47)
 500日のサマー (2010-03-11 08:21)
 THIS IS IT (2010-01-28 00:56)
 アバター (2010-01-16 01:49)
 ノーカントリー (2009-03-17 23:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
タイカス
    コメント(0)