2006年05月11日

Tete

テテ

レール・ドゥ・リアン(2001)




ボンジュール。フランスといえば、エマニュエル夫人、コンコルド、ベルバラ、加藤紀子スーベニール、そして今回のテテのL' Air de Rien。NHKの「フランス語講座」でテテの曲が使われたらしいです。生徒で出てくる女の子がかわいいので、根気よく見てたこともありましたが、最近はまったくみてなかったので知りませんでした。シンプルで心地いいアコースティックサウンドとポップなメロディで日曜日にピタリ、トレ・ボンな一枚です。1曲目のLe meilleur des mondes(全世界で最良)からアコギ一本の気持ちいい音楽が流れます。テテの真骨頂ライヴバージョンも3曲 Love love love,Les envies(欲望),Le magicien(魔術師)も入っていて文句なし、捨て曲なしのマイベストヒット入りです。2001年発売のデビュー作。影響をうけたビートルズのEleanor Rigbyカバーもあり。おすすめ。
せっかくなので3曲目の Love lovelove の日本語訳を書いときます。ライブでは合唱がおこる人気の曲。音楽っていいなぁと思える曲。

--------------------------------------------------

「Love love love」

ああ、誰か僕に大きく両腕を拡げてくれて
僕の身を預けることができて
僕の住処にすることができて
僕の身を隠すことができて
僕に場所をあけてくれて
僕をぐるぐる巻きにしてくれたらなぁ

悲しい肉体なんてどうでもいい
そういうゲームは僕にはあまり意味がない
でもきみが望むなら
僕ときみは少しあのことを話すこともできるよ

ああ、誰か僕に大きく両腕を拡げてくれて
僕の身を預けることができて
僕の住処にすることができて
僕の身を隠すことができて
僕に場所をあけてくれて
僕をぐるぐる巻きにしてくれたらなぁ

行ったり来たりのやり取り
色事、そんなものもう興味ないんだ
でもきみが望むなら
僕ときみは少しあのことを話すこともできるよ

ああ、誰か僕に大きく両腕を拡げてくれて
僕の身を預けることができて
僕の住処にすることができて
僕の身を隠すことができて
僕に場所をあけてくれて
僕をぐるぐる巻きにしてくれたらなぁ

「ああ 誰かわたしに大きく両腕を拡げてくれて
私の身をすべり込ませることができて
私の身を隠すことができて
私を住まわせてくれて
私に場所をあけてくれて
私をぐるぐる巻きにしてくれたらなぁ

それが私が今本当に求めていることなのよ」
と彼女はうずうずして言った

---------------------------------------------------

うずうずして加藤紀子は言った、わたしフランス人になりたい





ア・ラ・ファヴ-ル・ドゥ・ロートン(2004)



発売はこちらのほうが先か。勢いに乗ってこちらも購入。個人的にはデビュー作がいい。が、テンポがゆっくりで、ゆったりしたメロディが多いので、夜や疲れたときに聴くと、すごくよい。

昨年来日ライブあったらしい。一度いってみたし。

※テテ・・・1975年7月25日セネガル生まれ。幼くしてフランスに渡る。15歳のときに母から贈られたギター。ヒップホップ、ジャズ、ボブ・ディラン、ジミヘン、ゲンズブール、ボブ・マーリィらの影響を受けながら独自の世界を築く。


同じカテゴリー(music/フランス)の記事画像
EDITH PIAF
PHOENIX
Rinocerose
同じカテゴリー(music/フランス)の記事
 EDITH PIAF (2007-07-01 02:30)
 PHOENIX (2007-01-28 12:47)
 Rinocerose (2006-06-03 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Tete
    コメント(0)