2007年08月18日

博士の愛した数式

小泉堯史(2005)
原作:小川洋子


原作を読んで、映画が視たくなった。
もともと本を読まないこともあり、本 → 映画の流れは初めてだ。

大きくなった√が数学の先生として
授業で博士と数字を語る映画版。
こういう数学の授業だったら、
数学が好きになったし、楽しかったろうな。

視終わってみると正直モノ足りない。
想像してしまっているし、ストーリーも
わかってるからだろうか。
本ほど細かくできないのも
作る側としても、もどかしいところだろう。
大好きな、江夏のカード探しがなかったし、
阪神の試合に行くシーンもすり替わってた。
阪神の試合のシーンはかなり大事なのに。

原作は先に読むもんではないなあと。
想像を映像化するっていうのは難しい。
これからは映画 → 本で楽しもう。

●公式サイト
http://www.hakase-movie.com/


同じカテゴリー(cinema/日本)の記事画像
少年H
空気人形
ディア・ドクター
アヒルと鴨のコインロッカー
ザ・マジックアワー
アフタースクール
同じカテゴリー(cinema/日本)の記事
 少年H (2013-09-01 01:29)
 空気人形 (2009-10-06 00:05)
 ディア・ドクター (2009-06-28 12:47)
 アヒルと鴨のコインロッカー (2009-03-21 11:04)
 ザ・マジックアワー (2009-03-21 10:57)
 アフタースクール (2008-06-22 23:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
博士の愛した数式
    コメント(0)