2007年03月07日

パフューム ある殺し屋の物語

Das Parfum : Die Geschiche eines
トム・ティクヴァ(2006)


におい、香りにご執心
ぼくはにおいが大好きだ。初めて食べるものは例外なくにおいをかいでしまう悪い癖がある。口に含んで、鼻腔から出す。これだけで味覚は確実に鋭敏となり、しないことの倍はたのしめるわけだ。
誰しもふと、香ってくるにおいに無意識的に記憶がよみがえる、ということがあるのではないだろうか。においはどこか脳に直結して、潜在意識に働きかけるのだろう。ぼくの場合、喫茶店のネルで淹れるコーヒーの香りに、アルバイト時代を思い出し、時間がゆっくり流れていたころを呼び覚ましたりする。だから、忙しくて、時間のないときほどコーヒーが恋しくなりふと香りを楽しみながらリラックスしたりするわけ。さぼってるわけではないのです。
最近では、においをプロモーションに利用しようという動きもあり、なるほどと妙にうなってしまう。この映画でも映画館でにおいプロモーションが行われたのだろうか、気になるところだ。

「その香りに、世界はひれ伏す」
物語は18世紀、悪臭漂うパリの市場でひとりのたぐい稀な才能をもった赤ん坊が産み落とされたところからはじまる。異常に発達した嗅覚は一人の人間の人生をうめつくし、数奇な運命へと導いていく。その日はじめての香りに夢中になった・・・その香りとは女性の香り。そのかぐわしき香りを保存したいという異常な熱意と欲求は彼を殺人鬼と変えていく。熱中するあまりつぎつぎに殺人を犯す彼の運命やいかに、そして人間の香りは保存することができたのか?香りに取り付かれた男の人生を追う大人向け童話。

香水が発達するにいたった当時はくさいのが当たり前、人間のにおいでごった返していたに違いない。においがあることはいいことで、体臭こそはアイデンティティ。とはいえ、体臭全開は遠慮願いたいのが現実、いまの世の中だ。そんな時代とはいえ、だ、万人共通のむせ返るような朝シャンのにおいではなく、流行りの香水でもない、自分なりのパフュームを身にまといたいものだ。



●公式ホームページ



この記事へのトラックバック
観てきました。いやぁ~ドロドロの映画でした。香りに対して異常なまでの情熱を持つ主人公の連続殺人の話。好き嫌いが結構はっきり出るかも。俺はこういうの結構好きだけどね。ここが...
パフューム ある人殺しの物語【旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報】at 2007年03月12日 07:22
禁断の映画がついに解禁!映画「パフューム ある人殺しの物語」は、話題になっている「とても口に出して言えない衝撃の映像」があります。それは、映画のクライマックスに映し出され...
禁断の映画がついに解禁!【得ダネ情報サイト】at 2007年03月18日 02:16
前日の夜から映画を観る直前まで原作小説『香水―ある人殺しの物語』 を読んでいたので、映画『パフューム~ある人殺しの物語~』で使われるナレーションは勿論、セリフはほとんど原作...
『パフューム~ある人殺しの物語~』【試写会帰りに】at 2007年03月19日 02:18
Perfume: The Story of a Murderer Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders Le Parfum - Histoire d'un meurtrier Perfume El Perfume - Historia de un asesino 公開中なので控えめに! 悪臭に満ちた18世紀パリの魚市場で産...
パフューム ある人殺しの物語【I am invincible !】at 2007年03月19日 06:18
処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・
パフューム ある人殺しの物語【ネタバレ映画館】at 2007年03月19日 07:11
「パフューム ある人殺しの物語」 2007年 独/仏/米

★★★☆☆



18世紀のフランス。
人並みはずれた、嗅覚を持った孤児の男がいた。1738年
実の母親には、産み...
パフューム ある人殺しの物語【とんとん亭】at 2007年03月19日 07:34
 「変態」の定義は本当に難しい(笑)
かつて「カリギュラ」という映画でみた裸を上回る裸の量でした(笑)
パフューム ある人殺しの物語 (2006) 147分【極私的映画論+α】at 2007年03月19日 08:30
「その香りに、世界はひれ伏す」

パトリック・ジェースキントの
幻のベストセラー小説の映画化。

主役はベン・ウィショー、
脇を固めるのはアラン・リックマン、
ダスティン・ホフ...
パフューム -ある人殺しの物語-【花ごよみ】at 2007年03月19日 08:39
(原題:Das Parfum : Die Geschiche eines)

※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。


----この映画、...
『パフューム ある人殺しの物語』【ラムの大通り】at 2007年03月19日 09:47
今日、公開された作品で楽しみにしていたのが「パリ、ジュテーム」とこの作品。邦画の新作もたぶん観には行くけどイマイチ気分が乗ってません。特に予告編でモンゴルの英雄が日本語を...
パフューム ある人殺しの物語/ベン・ウィショー【カノンな日々】at 2007年03月19日 11:40
 18日渋谷NHKホールにて「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に参加した。今回は入場時に座席指定券と引き換えての入場。マスコミ発表によると客席数367...
映画「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に...【masalaの辛口映画館】at 2007年03月19日 12:06
タイトルと予告編から、上品で美しい映像と殺人鬼の対比が面白そうと期待して『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』を観てきました。
★★★

私達には嗅げない(見えない)匂いの世界...
パフューム 〜ある人殺しの物語〜【そーれりぽーと】at 2007年03月19日 16:13

香りはしないのに観てるだけで「うわー嫌な感じだなあ」と思いその香りがなんとなく脳裏に浮かぶ・・・冒頭でそんな風に思いました。
パフューム【B級パラダイス】at 2007年03月19日 20:42
実は私、アラン・リックマンの大ファンです。 近年、アランの映画といえば良くも悪く
匂いフェチでストーカーな人殺し【パフューム】【犬も歩けばBohにあたる!】at 2007年03月20日 23:04
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ
赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これ...
映画「パフューム ある人殺しの物語」【茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~】at 2007年03月22日 02:28
ユーチューブでパフュームの動画が話題を呼んでいます。。。
映画 パフューム・・・
世界各国でベストセラーとなった原作が待望の完全映画化です!! 
奇想天外な香りの世界。。。
ユーチューブ パフューム 動画【ユーチューブ動画FAN】at 2007年03月26日 02:44
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先...
パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer)【Subterranean サブタレイニアン】at 2007年03月30日 13:03
”Perfume-The Story of a Murderer”原作=パトリック・ジュースキント『香水』。監督・脚本・音楽=トム・ティクバ。撮影=フランク・グリーベ。人間離れした動物的嗅覚の持ち主が、その天性...
パフューム〜ある人殺しの物語〜【ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!】at 2007年04月01日 12:38
この記事へのコメント
こんにちは、TBありがとうございます。
私の見に行った試写会は香り付の上映でした。
忘れた頃に、何処からともなく甘い香りが漂ってくる何とも不思議な上映でした。
これからも「masalaの辛口映画館」をよろしくお願いします。
Posted by masala at 2007年03月19日 12:10
>甘い香りですか、どんなものか香ってみたいものです。
Posted by 永卯 at 2007年03月20日 00:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
パフューム ある殺し屋の物語
    コメント(2)