2007年02月12日

世界でいちばん不運で幸せな私

JEUX D'ENFANTS
ヤン・サミュエル(2003) 



離れていても二人で同時に思うような、つながってる感覚
オセンチな映画と決めて観なかったけど、間違い。ふたりのゲームのやりすぎな成り行きにハラハラしながら、そしてくっつきそうで、くっつかないふたりにイライラさせられ、最後にはこうなりますか、と納得、楽しませてもらいました。

「お互いのことを好きだと認めるということを除けば何でもやった。」
「のる?のらない?」、母親の病気を気にかける少年ジュリアンと、移民でいじめを受ける少女ソフィーのあいだで、現実から逃避するために二人の無邪気なゲームは密かに始まった。先生の前で小学生らしからぬ言葉を吐いたり、校長先生に叱られながら小便をしておちょっくってみせたりと、悪戯は二人のよりどころであり、共通のたのしみに、そして二人にとって生きていくうえでなくてはならないなっていく。成長するにつれ、レベルがあがっていく悪戯と、いつ終わるとも知れないやり取りを重ねるうちに二人の間に生まれている気持ちに気づき始める。。。
のってしまったゲームは終わることを知らず、次第に二人を苦しめる、が、これこそが、このスリルこそが人生のたのしみとして生きてきたふたりは終わり方を知らない。
ふたりは幸せになれるのか、ゲームの結末は・・・?

「03年9月17日。フランスは、
ある新しい才能の誕生に夢中になり、熱狂の渦に巻き込まれた。」

監督はこの作品が長編デビューとなる、イラストレーター・漫画家・絵本作家・短編映画など幅広い分野で活躍している、ヤン・サミュエル。「ありとあらゆる理屈を超えている」と批評家からも大絶賛を浴びた。

●memo
公開初日、ハリウッド大作を押しのけていきなり興行成績トップに躍り出た本作『世界でいちばん不運で幸せな私』は、140万人を動員する大ヒットを記録。

挿入歌は名曲“ラ・ヴィ・アン・ローズ”

「のる?のらない?(Cap ou pas cap?)」が雑誌の表紙をかざるなどちょっとしたブームになった。

大人になれない2人の主人公を「ザ・ビーチ」「ヴィドック」等のギョーム・カネと、「ビッグ・フィッシュ」や「TAXI」のマリオン・コティヤール。マリオン・コティヤールがとにかく魅力的!
・・・自由奔放な女性に男はなすすべがない。実際にいたら大変だろうけど。

●公式WEBサイト
http://www.albatros-film.com/movie/sekai/home.html


同じカテゴリー(cinema/フランス)の記事画像
スパニッシュ・アパートメント
ロストチルドレン
クリムゾンリバー2
同じカテゴリー(cinema/フランス)の記事
 スパニッシュ・アパートメント (2008-04-11 23:59)
 ロストチルドレン (2007-01-31 01:07)
 クリムゾンリバー2 (2006-05-28 23:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界でいちばん不運で幸せな私
    コメント(0)